「希志あいの」史上類を見ない、最もイキまくった一作