ある朝、部屋から出てこない麻耶を心配して部屋を覗くと…。なんとズボンが太ももに引っかかって動けなくなっていたのだ 竹内麻耶