桜木凛 単独でこの組織を追い続けた鈴音は遂に敵の尻尾を掴むことに成功する。